Toshikan

Toshikanという日本産廃会社の向けに、特別デザインしたM-C300で食品トレーを完璧に処理した

Toshikanは、日本のプラスチックリサイクルの地域に典型的な産廃会社として、 1985年に設立された。顧客の満足度を優先にして、高付加価値サービスと企業理念のおかげで、高い評価を得ている。

Toshikanは、環境問題に対応するため、発泡スチロールリサイクル、特に食品トレイのリサイクルに関して、リサイクルの核心を社会ニーズに先駆けて一歩先を行くサービスを提供している。

プラスチックリサイクルを中心としての企業は、適切なリサイクル機を適用する必要がある。 以前に使用したマシンは、今や古くて壊れやすく、修復も難しく、効率も低いだ。

GREENMAXとToshikanの協力は、Toshikanの社長がGREENMAX緻密化装置の操作ビデオを見た2016年に始った。 彼の関心を引いたのは、機械の単純な構造であり、故障した場合には容易に修理することができる。 その後、Toshikan社長がGREENMAX工場を訪問し、GREENMAX機械の全面的な稼動状況を確認した。

2017年2月上旬、GREENMAXセールスチームはToshikanを訪問し、会社の状況と機械についての需要を了解に行きた。 その時、LivingspaceはGREENMAX M-C300デンシファイヤのセットを購入した。 Toshikanの社長は、機械操作のビデオを見て、かなり興味があると感じた。

日本の5月に行われたN-EXPO 2017では、ToshikanがGREENMAXブースに来て、展示された機械を見学した。展示会が終わったら、GREENMAXのエンジニアチームがToshikanの工場に見学に行きた。工場で詳しく計って、計算して、Toshikanの情況について、Toshikanさんの材質の向けに、特別な機械システムをデザインした。方案も二つを提供した。

Toshikanは2つの方案を慎重に検討し、図面について、数ヶ月を通じて、検討して、修繕した。最後にM-C300のダブルシステムを選択した。 このようなダブルシステムは特別にデザインして、便利のため、長いコンベアと保管用の60m3の2つのタンクも追加された。 また、鉄などの不純物を分離するように、重力分離の素晴らしい装置を添加した。

現在、ToshikanはGREENMAX M-C300の溶融システムをEPSリサイクル、特に食品トレイのリサイクルに使用している。 GREENMAXのエンジニアチームは、機械稼働の操作を指導するために、現場でのコミッショニングサービスを提供した。

GREENMAXとToshikanの協力の成功は、お客様の多様なニーズに応えるだけでなく、完璧な革新を達成するためのGREENMAXの開発を促した。