導入実績

リサイクル専門業者としてのGREENMAX

GMは今まで50以上の国と地域に販売され、特にヨーロッパ諸国や北米では、非常によく販売されています。もちろん、いくつかの他の領域に、人々が発泡スチロールのリサイクルについての意識もだんだん持って行きます。だから、今私たちのマーケティングの目標は、その意識を世界中の国々に知らせています。

当社は、専門許可書を持っているから、技術と生産における研究のための強力なチームを持っています。もちろん、エンジニアさんは顧客の要求によって、マシンを特別デザインするのも出来ます。エンジニアも、しばしば国外でアフターサービスを提供しています。現在では、もっと多くの大手顧客はgreemaxと協力して、例えば:アメリカのC.T.CとOwens Corningです。

今のGREENMAXは全世界で素晴らしい実績を上げています。大手国としてのアメリカにて、特に人気がありそうです。去年に、米国西海岸最大の家具メーカーLiving Spaceは3台のMC-300を購入しました。保管スペースが足りないという問題を解決するだけでなく、包装材を処理するとともに、お金を稼ぐことができます。Living Spaceから良い評判を受け取りました。

 

過去9年間の経験と知識を積み重ねた結果、現在は発泡スチロール(EPS)のほかに、断熱材(XPS)、発泡ポリエチレン(EPE)、発泡ポリプロピレン(EPP)等の処理もできるようになっています。圧縮比率を上げる為に、当社が発泡スチロール減容溶融機を作り、電気ヒーター方式で、圧縮率は90:1まで達しています。また、電気ヒーターの温度を制御することにより、被減容物の品質が保たれます。

弊社は主に溶融機〔MARS シリーズ〕と減容機〔APOLO シリーズ〕の二種類があります。魚箱や食品トレー、断熱材、家電製品などを包む 緩衝材など使用されている発泡スチロールを溶融機に投入して、、熱により発泡スチロールを溶融して、固形してからインゴットの状態になっています。安全でコストダウンにもつながります。

GREENMAXは2008年より発泡スチロール減容圧縮機の製造販売を始めました。できた発泡スチロール減容固形物(EPSインゴット、PSペレット‥)を責任を持って、買取させて頂いております。弊社は発泡スチロールリサイクルの専門業者であり、過去15年間当社が発泡スチロールのリサイクル、再生及び商品化まで力を入れてきました。現在弊社が世界一の発泡スチロールリサイクルエンドユーザーとなっており、月4000トン以上の発泡スチロールをリユースしています。モールディング材で額縁、アートプール、鏡枠等を組立、再リサイクルを実現しています。