発泡スチロールリサイクル

環境に優しい環境素材として各種業界で広く使われて、普段の生活でもよく見かけられる素材であります。

種類

発泡スチロールには3種類あり、化学的にはほぼ同じだが形状や気泡の特性が違うため、用途も異なる。

1、ビーズ法発泡スチロール (expanded polystyrene、EPS)

断熱性・耐水性に優れ軽量なので、水産物、農産物の輸送にこれで製造された箱(魚箱)が利用されたほか、軽量で衝撃吸収性に優れるため、家電製品や精密機械等の緩衝梱包材として普及しました。

魚箱リサイクル緩衝梱包材リサイクル

2、ポリスチレンペーパー (polystylene paper、PSP)

ポリスチレンペーパー (PSP) が食品トレーや、カップ麺の容器に使われる。 耐衝撃性が増す(カップ麺では輸送中に落下させてもカップが破損しない)ため、大型の容器や過酷な輸送が予想される製品の容器に広く用いられている

発泡スチロール食品トレー発泡スチロール食品トレーリサイクル

3、押出ポリスチレン (extruded polystyrene、XPS)

押出ポリスチレン (XPS) は、主に建材に使われる、堅くて難燃性の発泡スチロールである。一定の難燃性を備え、一般的な発泡スチロールと区別するためか、淡い青などで着色されることもある。

断熱材リサイクル 断熱材リサイクル

 リサイクル

ゴミとしては、省資源で大量に生産できるという特長が、逆に無駄に嵩張るため、処分費用の高騰に伴い問題となった。これを受け同素材の製造業界団体や、これらを大量に商品を載せて販売していた大手百貨店・スーパー等では、資源としての再利用を模索し、近年では使用後に回収された発泡スチロールを、圧縮減容で再加工し、資源として再利用することができます。

発泡スチロールリサイクルフロー発泡スチロールリサイクルフロー発泡スチロールリサイクルフロー 発泡スチロールリサイクルフロー発泡スチロールリサイクルフロー    発泡スチロールリサイクルフロー