EPE発泡ポリエチレンリサイクル

EPE(Expandable Polyethylene、発泡ポリエチレン)が緩衝性に大変優れて、繰り返しの衝撃に強く、初期に近い緩衝性を保持できます。また製品の形に合わせて、発泡ポリエチレンが皮革用品、靴やパソコン等の緩衝材としてはよく使われていて、一般的なEPSに比べると復元性にも優れるため、製品をちゃんと守ることができます。そのほか、発泡ポリエチレンは断熱性・耐薬品性がありシール材 、バックアップ材として幅広く利用されています。

リサイクルの観点からすると、通常の熱可塑性樹脂のような加熱による溶融成形ができないため、マテリアルリサイクルが困難という課題を抱えていました。以前、使用済みの物が燃料として使用されるサーマルリサイクルか産業廃棄物として埋め立て処理をされていました。環境問題の意識が高まる中、発泡ポリエチレンを梱包圧縮するリサイクル機器も注目されてきました。弊社が製造販売しているリサイクル機器の中に、発泡ポリエチレンを処理できる機器が2種類あります。

1、溶融機

発泡ポリエチレンを電熱で溶かします。この機器一台で発泡ポリエチレンだけでなく、発泡スチロールや食品トレー等のものを処理することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、圧縮機

発泡ポリエチレンの材質を変えることがなく、強力で梱包圧縮するリサイクル機器です。発泡ポリエチレン以外に、発泡スチロール、ビーズ法発泡ポリプロピレン(EPP) の圧縮も一切問題なく対応できます。