DOW

DOW――世界トップ500社のうちの一つ、GREENMAXを導入後、リサイクルコスト大幅に削減

世界トップ500社のうちの一つとして、ダウ・ケミカルは、世界最大規模の総合化学品メーカーです。エレクトロニクス、水、包装材料、エネルギー、塗料など消費者に快適な生活をもたらす素材を提供しています。

ダウの支社のうちの一つ、サウジ・アラビアのXPSメーカーさんは、主にXPS保温板を製造します。生産中大勢のXPSスクラップスと販売先のXPSボードの切れ端を回収する必要があります。

GREENMAXを導入する前に、すべてのXPSスクラップと切れ端がダウ・ファクトリーのペレタイザーでペレットに加工された後、直接にXPS保温板製造に用いられます。こういう形式でリサイクルします。しかし、時が経つによると、処理能力が低く、高い人工費と電気代、運送費用が日々増加し続けていくと多くの問題がなりました。

2013年のフェアで、ダウの管理部門は初めてイントコのGREENMAX減容機を見ました。ペレットに加工する前に、GREENMAXの減容機でXPSボードをブロックやインゴットに減容します。ペレットの生産能力がかなり向上されます。人工費と電気代も節約されます。XPSボードが90分の1に減容され、保管スペースに頭を悩ますことはありません。そして、運送コストも大幅に減らすことができています。

充分にGREENMAXを研究した後、ダウ・ファクトリーの管理部門はGREENMAX減容機M-C200を導入しました。使用後、管理部門はM-C200の減容効果と処理ソリューションに対してとても満足です。

工業とリサイクルビジネスの発展につれて、GRENNMAXもずっと地球環境に力を尽くしています。