Boulevard

Boulevard家具店――アメリカの大手家具店

Boulevard 家具店は米国西部のUTとNVにある家具店で、3つの流通センターと大きな倉庫があります。

家具会社として、Boulevardは家具を保護するために耐衝撃性フォーム材料を使用していますが、家具の流通過程では、多くの使用済みEPSフォームパッケージを収集します。

過去数年間、家具事業はますます良くなってきており、Boulevardはさらに多くのEPS廃棄物を集めました。 しかし、無駄なEPSの処理は非常に面倒なことです。

Boulevardには数日おきに少量のごみ箱を埋める可能性のある廃棄物のEPSフォームパッケージが多くあり、各ゴミ箱の処理コストは200〜300ドルと比較的高額です。 Boulevardは常にEPSを扱うためのより良いソリューションを探していました。

Boulevardは、効果的なEPSソリューションを探す際に、INTCOの支社GREENMAXを見つけました。 GREENMAXはEPSリサイクルの専門家であり、EPSリサイクルサービスの全範囲を提供できることを非常に嬉しく思います。 GREENMAXは、コンサルティングや機器を含むEPSリサイクルソリューションを提供するだけでなく、INTCOも良い価格でEPS減容物を購入します。

Boulevardの代表取締役― ―マルクもGREENMAX EPSリサイクル機器の発注を検討していましたが、GREENMAXマシンの稼働状況を見るためにLAを訪れました。 マルクは訪問後にもっと納得したと感じました。そして、LAのGREENMAXのお客様は、マシンとサービスについて非常に好評しました。

すべての市場調査を行った後、BoulevardはGREENMAXの M-C100(中型EPS溶融機)を購入しました。 Boulevardは、M-C100を運用する2年間に、毎年300万〜400万ドルの処理費用を削減しただけでなく、EPSインゴットを英科に売却したことによる収入も達成しました。 今BoulevardはGREENMAXのEPSリサイクルソリューションに非常に満足しています。