Ashley

アシュリー – アメリカで世界No.1の家具ブランドがGREENMAXと協力

米国で1945年に設立されたAshley Furniture Industries、Inc.は、ウィスコンシン州アルカディアに本社を置く世界的に有名なアメリカ家具メーカーおよび小売業者です。生産と流通に使用されている建築面積は1,210,000平方メートル以上で、7,000種類以上の22種類の製品を含む7,000の輸送用容器を含め、123カ国に3,000,000個の家具製品を輸出しています。

ファッショナブルなデザイン、豊富なセレクション、優れた品質と専門的なサービスで有名なAshley Furnitureは、世界中の123カ国から数百万の家族の信頼を得ています。 すべてをカバーする世界中の600店以上の店舗を成功裏に運営しています。

すべての家具業界は、Ashley Furnitureを除いてはなく、パッケージングのために発泡スチロールを使用する必要があることは間違いありません。 しかし、不幸な事実は、発泡スチロールはサイズが大きく軽量であることです。 その廃棄物の埋立処分による発泡スチロールの処分は、輸送費用だけでなく、費用もかかる。 したがって、アシュリーは、より効率的かつよりグリーンな加工方法を探してきました。

2007年に、アシュリーは発泡スチロールを購入し、発泡スチロールのリサイクルを開始しました。 その後、リサイクルされた発泡スチロールインゴットを造粒プラントまたはフレームとベースボードのアプリケーションストアなどの発泡スチロールのエンドユーザーに販売しました。

2015年12月、アシュリーはじてGREENMAXに連絡を取り、老朽化したものではなく新しいリサイクル機を購入する意向を表明しました。 GREENMAXマシンを個人的に試して2ヶ月の調査の後、Ashleyは2016年2月に最初のGREENMAXリサイクルマシンM-C200を購入しました.2017年5月にすぐに、彼らは最初の注文と同じ条件で2番目のものを購入しました 。

GREENMAXリサイクル機が適用したこのような慣行は、発泡スチロールの廃棄コストを節約することができ、環境を保護するだけでなく、発泡スチロールのリサイクルの熱意を引き出すため、かなりの利益をもたらす。

そのため、廃棄物の発泡スチロールを処分することによって問題が発生した場合、GREENMAXリサイクルは大きな助けになります。