GREENMAX環境機器は発泡スチロールリサイクルの発展を促進することができます。

報告書によると、2016年のEPSリサイクルの総量は、11.3億ポンド以上であり、その中には6,300万ポンドのポストコンシューマパッケージと5,570万ポンドのポストインダストリアルパッケージが含まれます。 さらに、過去10年間でEPSの平均リサイクル率は15%であります。EPS業界の同盟によれば、EPSリサイクル率はプラスチック類でランキングの第1位です。

発泡スチロール(EPS)は日常生活に幅広い用途があります。 食品トレーやコーヒーカップなどレストランで見つけられることが多いです。 商品の包装なら、EPSで作られるのが多いです。また、それはパッケージングピーナッツや断熱材としてあなたの家にも現れます。 EPSは、広範囲の密度で生成され、様々な物理的な特性を提供します。 EPSは靭性、耐久性、軽量性や緩衝性などの優れる特性が持つので、私たちの生活の中で人気があります。

このようなEPS製品を使用する場合は、EPSのリサイクルを考えたことがありますか?
EPSリサイクル率は毎年増加していますが、今後数年で増加すると予想されますが、 この成長は依然として非常に低いです。これは、その同類のビニール袋に似ています。 実には、EPSリサイクルに対して更に良い方法があります。

同時に、軽量で体積が大きい特徴があるので、EPS回収者として困ります。 しかし、EPSリサイクルの専門家であるINTCOには、数十年ほど発泡スチロール減容機と溶融機を製造し販売しています。GREENMAX EPSリサイクルマシンは、あなたのすべての問題を解決することができます。EPS減容機がより高い効率で様々なフォーム材料に適していいます。 それは90:1までの容積減少率を実現することができます。

 

近年、GREENMAXマシンは、EPSリサイクルをより効果的に促進するため、絶え間なく革新されていますので、 EPSリサイクル率は今後数年に高めると予想されています。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です