中学生は上海英科に発泡スチロールリサイクルについて見学しました。

11月2日、上海の中学校2年生の35人が、環境保護に関する鮮明な課程を学びました。 ゴミ分別の意識を喚起することを目的としています。

INTCO社員は、発泡スチロールのリサイクルと再利用の方法を紹介しました。 その間、学生達と活発な議論を展開しました。 喜んで学生は発泡スチロールのリサイクルプロセスに非常に関心があり、また、生徒達は戻ってきた後に両親とエコフレームの製造と販売プロセスを分かち合うと言っていました。

その後、学生と教師が展示ホールに来ました。 美しくて絶妙な写真フレーム、鏡フレーム、完成した建築材料が展示されています。 学生達は絶妙な製品に驚かされました。 彼らはノートを取り出して、そこで学んだことを書きました。

この活動は、学生達が廃発泡スチロールフォームを宝物に再生するために、ゴミを別々に収集する必要があることを教えています。 生徒たちは環境保護の方法について、たくさんの絵を描きました。

工場を訪れた外国人の教師は、教科書からは得られなかった多くの知識を学んだと言いました。 このような活動によって、直感的に、発泡スチロールリサイクルの重要性が分かれました。 それから、彼らは環境保護の分野で子供の教育にもっと注意することもできます。

 

 

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です