ポリスチレンのリサイクルは、省エネルギーと環境保護に非常に重要です。

リサイクルできないという評判が悪いため、ポリスチレンフォームはビニール袋のような禁止の話もありましたが、ポリスチレンのリサイクルには依然として多くの活動があります。

2016年のEPSリサイクル率レポートによると、2016年に1億1,800万ポンド以上のEPSがリサイクルされ、6,300万ポンドのポストコンシューマパッケージと5,570万ポンドのポストインダストリアルパッケージが含まれています。 EPS Industry Allianceによれば、プラスチック業界最高水準の15%のリサイクル率を達成しました。

将来、ポリスチレンリサイクルの増加傾向が強まると考えられています。

PyrowaveとIneos Styrolution America LLCがこのプロジェクトを支援する戦略的パートナーシップを結んだ北アメリカでは、ポストコンシューマーポリスチレンパッケージングのリサイクル可能性を実証するリサイクルプロジェクトが開始されました。 現在はモントリオールでのみ運営されていますが、Pyrowaveは北米の他の地域にシステムを追加する予定です。

ポリスチレンは埋め立て処分にはあまりにも貴重な材料であり、最も貴重なポリスチレン処理はリサイクルです。インフォリサイクルでは、GREENMAXリサイクル機は大いに役立つことがあります。

この装置は、主にEPS(ポリスチレンフォーム)、XPS(押出ポリスチレン)、EPP(エキスパンドポリプロピレン)などの廃棄物処理に使用されます。これらの材料は、まずクラッシャーで粉砕され、圧縮されます。

グリーンマックスのリサイクル機により、EPSなどの廃棄物汚染を大幅に削減して環境を保護するとともに、EPSなどの圧縮を行うことで、保管・輸送コストを大幅に削減することができます。 要するに、この機械はエネルギーと環境に大きな利点があります。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です